大阪府立港高等学校

校長室からのメッセージ

30.あと少し

  
   
  
 7月24日(土)南港中央球場で、野球部の夏の大会3回戦を応援しに行きました。暑い中、たくさんの
人が応援に来ていました。例年なら、大会の運営スタッフにどこかの高校の野球部員が手伝いに来ていますが、
今年もその姿はなく、大人がたくさん運営スタッフに入っていました。コロナ禍の大会ということでしょう。
 たくさんの皆さんのおかげで、子どもたちはこの日を迎えています。本当にありがとうございます。
対戦相手は、秋も春も上位成績を残している東海大仰星高校でした。強打の学校ですが、本校のバッテリーが
できることをしっかりと頑張り、野手もしっかりと守り抜いていきました。点数が示すように、ロースコアーの
ゲームができ、勝利に最も近いゲームを1試合通してできました。実に大きなゲームになったと思います。
 勝ち切らないといけないのですが、それは、また次のチームがやればいいことで、まず、先生方の指導される
ことを、言われたとおりやることで、現実に目の前で起きたということをしっかりと受け止めてください。
先生方は自分が体験してきた「こうすれば勝てる」を皆さんに指導しています。でも皆さんが本当に「こう
すれば勝てる」を体験して、信じてやらなければ結果は出ません。
 だから、このゲームは実に大きなゲームだったと思います。この思いを持った次のチーム(今の1年2年)が
結果を出してくれると思います。あと少し、あと一歩。魔法がかかっているうちに結果を出しましょう。
楽しみにしています。3年生の皆さん、保護者の皆さんお疲れさまでした。