大阪府立港高等学校

学校紹介

学校長よりごあいさつ

大阪府立港高等学校 氣賀 聡

 皆さん、こんにちは。

 港高等学校のホームページにアクセスしていただき、ありがとうございます。 校長の、氣賀 聡です。令和3年度(2021年度)、港高校は創立110周年を迎えることになりました。残念ながらコロナ禍の中、記念行事などについては令和4年度に延期いたしましたが、今年度がメモリアルイヤーになることは間違いありません。 

悠志青雲


 今、港高校は、創立110周年を迎え、まさに次のステップ期にさしかかっています。長年の、生徒・保護者・地域・教職員の頑張りにより、学校は、「活気に溢れ、前向きな学校」として定着しています。今までの取り組みをさらに発展させ、学校としての到達目標を上げていくべき時期にきています。

 私は、 「さらに元気な学校」 への第一歩を踏み出したいと考えています。本当に先の見えない混沌とした世の中の状況であるからこそ、生徒の皆さんには、進路実現を果たすために学習活動を頑張ることとともに、部活動や数多くの学校行事に積極的にチャレンジすることにより、様々な経験を重ね、自らの人間性を磨いていってほしいと考えます。

 皆さんが港高校生としての誇りを胸に抱き、社会のために自らを生かそうとする志を掲げ、歴史ある港高校のさらなる新しい歴史をつくっていくことができるように、さらに頑張っていきたいと思います。

新館棟竣工記念レリーフ 「明日への出発」

「学び舎で研鑽をつみ、知を集め、行動力を蓄え、限りない可能性を秘めた強い明日への出発」をモチーフに“港に入ってくる船、外海の荒波へと旅立つ船、進路を照らす燈台の光”のデザインが、自分を見つめ進むべき道を極め、まっしぐらに進む力強い出発を象徴している。
材質・製作は、有田焼と同じ方法によっている。

昭和61年3月31日
佐賀県有田町岩尾磁器工業株式会社
磁芸部製作 幅10.4m×高さ2.7m