大阪府立港高等学校

校長室からのメッセージ

54.男バス引退試合

  

  

9月26日(土)体育館では、男子バスケットボールの3年生の引退試合が行われました。

先週の4連休に最後の公式戦が予定されていたのですが、これも学校休業の影響で参加

できず棄権という形になってしまいました。顧問の先生を中心に何かいい機会を作れないか

と模索した中で、1期上のOBが中心となって、OBチームを編成し引退試合を企画してくれ

ました。その部の持つパワーであり、一生懸命やってきたことの証だと思います。

口で言うのは簡単ですが、なかなか簡単に実現するものではありません。顧問の先生方が、

審判もしてくれる中、保護者の皆さんと生徒の皆さんの応援の中、OBの皆さんに相手をして

いただき現役生活に幕を引くことができたことは本当に素晴らしいことだったと思います。

私も見に行かせてもらいました。ここでも、3年生の先生方を中心に先生方が、一緒に

見守ってくれていました。これも、きちんと部活動を頑張ってきた証だと感じました。

プレーを見てここでも涙が出ました。遊びではない、本気の魂の入ったプレーを見ました。

楽しいんだろうなと感じました。OBの皆さん・顧問の皆さん本当にありがとうございました。

そして3年生の部員の皆さんご苦労様でした。気持ちに区切りをつけて、次のステップに

チャレンジしてください。