大阪府立港高等学校

校長室からのメッセージ

東日本大震災から6年

1万8千人を超える死者、行方不明者を出した東日本大震災から6年、被災地域は復興に向けて着実な歩みを続けて来ましたが、今でも被害の爪痕は大きく、福島第一原発事故の後処理を巡る放射能問題は先行き不透明であり大きな課題を残しています。12万人を超える人々が避難生活を余儀なくされ、子どもたちは、転校先の学校で心無い差別やいじめを受けるなど、あってはならない、起こしてはならない事が現実に起きていることに深い悲しみと憤りを覚えます。
被災地の一日も早い復興と、被災者の方々が安全で安心して暮らすことができるようになることを心から願っています。私たちにできることは、小さいですが、優しさと思いやりを忘れず、一人ひとりが防災への意識や関心を高め次代に伝えて行くことだと思います。