大阪府立港高等学校

男子バスケットボール部

【男子バスケ部】公立高校大会

9月23日(土)、本校にて、公立高校大会の予選リーグが行われました。

港 43-51 長尾高校

この1ヶ月間の練習の成果が問われる、前年度地区準優勝校との初戦でした。

出だしから外角がよく決まってリードし、練習してきたディフェンスでは、能力の高い相手の1on1を気持ちのこもったマンツーマンで真っ向から封じ、リードを保ち続けました。迎えた最終クォーターもよい流れで推移したのですが、終盤にセンターがファウルアウトしたところから逆転を許してしまいました。ラストチャンスでの延長持ち込みを図ったのですが、とらえきれず、敗れてしまいました。

 

港 42-44 城東工科高校

1か月前に敗れた相手との再戦でした。ゲーム開始から相手が仕掛けたゾーンディフェンスに対応が遅れ、第1クォーターで背負ったビハインドを追う展開になってしまいました。ディフェンスで粘って大崩れせずに徐々に差を縮め、最終クォーターで逆転に成功したのですが、そのまま突き放すべきところでミスから再逆転され、残り5秒でのラストチャンスもとらえきれず、続けての敗戦となりました。

 

3試合目の北かわち皐が丘高校との試合は、選手のケガの具合を考慮して、開始2分ほどで大きくリードしたところで主力メンバーをベンチに下げて戦い、全員が経験を積むことができました。

 

選手権での悔しい思いから、チーム一丸となって練習してきましたが、今大会も敗退となりました。

結果に結びつけることができなかったのは、自分たちの現在の力不足・徹底不足だと思います。

ただ、練習してきたチームディフェンスが、力のある相手にも通用することもわかりました。

これからの3か月、これまで以上に精進して成長し、冬の新人大会で大阪府ベスト16入りを目指したいと思います。

応援下さいますよう、よろしくお願いします!